Archive for the ‘音楽’ Category

Love Diary 2003 disc 2

2009年2月25日 (水)

前回の投稿の続き。Disc 2はiTunesのCDDBによると”Next Special”というCD名になるけどやっぱり情報なし。

Disc 1と歌手がかなりかぶってる。選曲はDisc 1の方が好み。

(more…)

Love Diary 2003 disc 1

2009年2月22日 (日)
CD-Rみたいに見えるけどプレスCDだった。

CD-RみたいだけどプレスCDだった。よく見ると2002年発売。

父がタイに引っ越した際に借りたアパートにあったCDプレーヤーに入っていたというこっぱずかしい名前の2枚組みCD。ケースはなくて、インクジェットなレーベル。中国あたりで作られた海賊版コンピレーションだと思う。Googleに聞いても全く情報なし。Disc 1はiTunesのCDDBによると”Acc11 Next Blue Edition”というCD名になるけどこれも情報なし。

しかし、選曲はなかなかよいのでここで紹介。アーティスト名はMySpace Musicの公式ページへのリンクにしてみた。なければウィキペディア。

(more…)

長三度を13.7セント下げる訳

2008年7月22日 (火)

長三度は純正律から見て13.7セント下げるというのはよく知られてるけども、「なぜ13.7セントなのか」はあまり知られてないように思う。みんな知ってるけど言わないだけなのかな?とにかく、高校数学/物理で説明できるので説明してみる。

まず、ある周波数 fr を持つ根音に対して、その長三度音の周波数は純正律では

5 / 4 * fr = 1.25 fr

になる。それに対して、平均律での周波数は

2 ^ (4 / 12) * fr = 1.25992105 fr

になる。
(more…)

Agnus Dei

2008年7月16日 (水)

ヴェルディのレクイエムをやるまでレクイエムについてまったく無知だったので(モーツァルトのレクイエムはCD持ってたけど)、Agnus Deiといえば

この曲のことだと思ってた…。恥ずかしい…。上のAgnus Deiは、前奏終了直後と終了間際の同じリズムが続くところ(上の動画で0:35からと1:35から)でだいぶ稼げるので、HYPERも星9個の中ではめずらしくクリアできてたと思う。

オープンエアーヘッドホン オーディオテクニカATH-AD500の具合

2008年7月14日 (月)

パソコンにつないでiTunesやRhythmboxから聞いてる感想。いままでずっと安物ヘッドホンばかり使っていたので1万円くらいのものを使ってみようと思い立ち購入した。ビックカメラで10,500円だった。このATH-AD500はいわゆる店舗の人気ランキングなんかに載るような定番商品であるようす。

つけ心地最高!

ビックカメラにはたくさんたくさんヘッドホンがあって、店頭で視聴しても音の違いなんてわからないので、ただ装着具合、つまりつけ心地で選んだ。あと予算。なのでつけ心地は抜群によいと思う。
(more…)

プロの声楽家のブレスはすごいぞ

2008年7月8日 (火)

ヴェルディのレクイエムにバンダで乗る機会があって、バルコニー席からソリストの方々4人をずっと眺めることができたわけなんだけども、やはりブレスがすごい。特にメゾソプラノの方は(胸元が開いてるドレスだったこともあり)呼吸がとてもよく見えた。歌っている間に胸がどんどんへこんでいって、ブレスのときに一瞬で膨らむ。残念ながらお腹はよく見えなかったものの、プロがお腹を使ってないわけないので気にしない。

自分は(余裕があるときは)背中下部→お腹→胸の順に息を入れているけども、これを非常に素早く、究極には一瞬でやるとこうなるのかなぁ、と思った。

という話をトランペットの後輩にしたら、彼はお腹→背中下部→胸の順に入れているらしい。実際やってみると、できないことはないけどやりにくい、という感じ。これは単に慣れの問題なのかもしれない。究極には(ほぼ)同時になるというところでは彼も同意見だった。

ノイズキャンセリングイヤホン オーディオテクニカATH-ANC3の具合

2008年7月1日 (火)

ATH-ANC3をiPodにつないでだいたい毎日使ってる感想。だいたいはiPodの標準イヤホンと比べたときのはなし。

いいところ

  • 電車の中でもクラシックが聞ける
    これは決定的にすごい。今までiPodに入れてるだけでぜんぜん聞いてなかった曲たちが順調に消化されていく。「ファゴットのソロがぎりぎり聞こえるくらいの音量にしていてもトゥッティのフォルティッシモに耐えられる」くらいの性能がある。これが技術の勝利だ!ばんざい!

(more…)