オープンエアーヘッドホン オーディオテクニカATH-AD500の具合

パソコンにつないでiTunesやRhythmboxから聞いてる感想。いままでずっと安物ヘッドホンばかり使っていたので1万円くらいのものを使ってみようと思い立ち購入した。ビックカメラで10,500円だった。このATH-AD500はいわゆる店舗の人気ランキングなんかに載るような定番商品であるようす。

つけ心地最高!

ビックカメラにはたくさんたくさんヘッドホンがあって、店頭で視聴しても音の違いなんてわからないので、ただ装着具合、つまりつけ心地で選んだ。あと予算。なのでつけ心地は抜群によいと思う。

頭にあたる部分(ヘッドパッド?)のバネもちょうどよくパッドもふわふわ、イヤーパッドはスポンジをベルベット風の布がくるんでいて、つけているだけで幸せな気分。いままで使っていたDENONのAH-G55はイヤーパッドの皮革風ビニールが劣化してビリビリに破けてしまったけど、これは布なのでその心配もなさそう。交換イヤーパッドもある(2,500円もするけど)。

音質もよい…と思う

このクラスのヘッドホンを使うのが生まれて初めてなので比較してものを言うことが出来ないのだけれど、AH-G55やiPod付属イヤホン、ATH-ANC3と比べても明らかな音質の違いが聞き取れる。

今まで気づいていなかったパーカッションに気づけるし、ハーモニーも豊かになった。「音の解像感」ってこれのことかー。今までクラシックは安物CDでもいいやと思って曲で選んで買ってたけど、これからは少なくとも録音はまともなものを選ぼう、とそういうことを思うくらい音の細やかさがわかるようになった。これはポップスでも同様で、いままでよりずっと音が増えて聞こえるので(特に聞き慣れた曲を聞くのが)楽しい。

買ってしばらくは、「趣味:音楽観賞」と名乗ってもいいんじゃないかと思うくらいのまじめに曲を聞いてしまった。

広告

タグ: , ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。